ホームページのお知らせ部分だけを更新可能にしてくれるツール5選

個人事業主の場合、ホームページで更新するのはお知らせ情報ぐらいという方も多いのではないでしょうか?
今回の記事では、そんな方にぜひおすすめしたい「ホームページの一部分だけを更新可能にしてくれるツール」についてご紹介します。なお、導入にあたっては多少の知識が必要になります。各ツールの公式サイトで導入方法をしっかり確認してください。

PKOBO-News01

既存のホームページに組み込めるPHPで作られた画像アップ、各種ファイルアップ(PDF、エクセル、ワード、パワーポイントなど)機能、文字装飾機能(エディタ機能)、HTML編集機能付の新着情報、お知らせ、ニュース、更新履歴に最適なフリー(無料)のCMSプログラムです。RSS配信、カテゴリ機能もあります。ブログのようにブラウザ上で完結しますので、クライアント側での更新も可能で完全なCMSとして運用可能です。
PHP工房

PKOBO-News01の特徴

PHP工房さんが開発・提供している無料のPHPプログラムです。
お知らせ部分だけをCMSにすることを目的に作られています。更新はインターネット上の管理画面から行います。カテゴリ機能や予約投稿機能、最新の投稿にはNEWアイコンが付くなど一通りの機能が揃っています。表示方法はPHPコードの直接埋め込み・iframeの外部読み込みから選べます。別途2,000円を支払うことで著作権表記を削除できます。

詳細情報
使用言語 PHP
サーバー 必要(PHPが動くこと)
データベース 要らない
アップロード 必要
画像アップ できる(自動縮小される)
CSS編集 できる

参考リンク:
PKOBO-News01の設置方法|PHP工房

ImageInfo

画像ファイルアップロード・サムネイル生成・RSS配信機能付の新着情報・更新履歴管理ツールです。web closetではPHPによるWEBシステムを制作しフリーで配布しています。
web closet

ImageInfoの特徴

ウェブクローゼットさんが開発・提供している無料のPHPプログラムです。
PKOBO-News01と同様、 お知らせ部分だけをCMSにすることを目的に作られています。更新はインターネット上の管理画面から行います。余計な機能がないので、とにかく更新ができればいいという方に最適です。表示方法はiframeのみ対応しています。有償ライセンスを取得すれば著作権表記を削除できます。

詳細情報
使用言語 PHP
サーバー 必要(PHPが動くこと)
データベース 要らない
アップロード 必要
画像アップ できる
CSS編集 できる

参考リンク:
ImageInfo|ウェブクローゼット

pWebManager

既存のホームページの一部または全部を制限のない自由なデザインのままで、システム上から自動で更新することができる、新しいカタチのオープンソースCMSです。GPLでライセンスされており、誰でも自由に無料で使用することができます。
ピーシーエッグ株式会社

pWebManagerの特徴

ピーシーエッグ株式会社が開発・提供している無料のハメコミ型CMSです。
ホームページ運用に悩む中小企業の声から生まれたツールで「好みの更新機能を選べる」「デザインは別に調整できる」「今あるサイトに後付けできる」といった特徴があります。サーバー周りの知識が必要になりますが、公式の導入マニュアルどおりに進んでいけば問題なく設定できるはずです。

詳細情報
使用言語 PHP(Smarty)
サーバー 必要(PHPが動くこと)
データベース 必要
アップロード 必要
画像アップ できる(自動縮小される)
CSS編集 できる

参考リンク:
導入マニュアル|pWebManager

Sitecake

WordPressが複雑すぎると感じた場合は、ぜひSitecakeを試してみてください。静的なウェブサイトのための本当に基本的なドラッグアンドドロップCMSです。
Sitecake

Sitecakeの特徴

ページ上で直接内容を編集できる海外製の有料CMSです。
公式サイトにデモがあるのでまずはぜひ実際に試してみてください。初めて知ったときは本当に感動しました。マニュアルが全て英語なのが難点ですが、導入方法は次のようにいたってシンプルです。

  1. 公式サイトでプログラムを入手
  2. 編集可能にしたい部分をdiv要素のsc-contentクラスで囲む
  3. 編集可能でかつ共用したい部分(フッターや)をdiv要素のsc-content-(任意の文字)クラスで囲む
  4. FTPで「sitecake」フォルダと「sitecake.php」ファイルをアップ
  5. ブラウザで「あなたのドメイン/sitecake.php」を開く
  6. 「admin」でログイン

参考リンク:
Demoページ|Sitecake

詳細情報
使用言語 PHP
サーバー 必要(PHPが動くこと)
データベース 要らない
アップロード 必要
画像アップ できる(編集も可能)
CSS編集 できる

参考リンク:
入門ドキュメント|Sitecake

Copybar

Copybarを使用すると、ページ要素をどこでも編集可能なものにすることができます。
Copybar

Copybarの特徴

こちらもページ上で直接編集ができる海外製CMSです。
5要素までは無料で利用できます。会員登録が必須となります。公式サイトのトップページがデモになっているので、ぜひ一度さわってみてください。プログラムをダウンロードしたり、クラスを追加する必要がありません。Scriptコードを1行貼り付けるだけで使えます。

詳細情報
使用言語 Ruby,JavaScript
サーバー 必要
データベース 要らない
アップロード 要らない
画像アップ できる
CSS編集 できる

参考リンク:
ドキュメント|Copybar

おわりに

手軽に導入できるのはやはりPKOBO-News01です。お知らせ情報以外の項目も更新したい方にはpWebManagerがおすすめです。

自分で更新ができる=WordPressと短絡的に考えてしまうのではなく、ぜひ今回紹介したような「一部だけを更新できるCMS」という選択肢があることも知っておいてください。

更新履歴

2018年3月13日
タイトルと一部記事を修正しました
2018年2月11日
記事を一部修正しました
2018年1月29日
ImageInfoの項目を追加しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。