お名前.comで新たに独自ドメインを取得する方法

自力でホームページやビジネス用のメールアドレスを作ろうと考えている事業経営者の方に向けて、お名前.comへの登録からドメイン取得までの流れについて解説します。

取得したいドメインを探す

まずはお名前.comの公式ページ へ行きます。

ページを開くとすぐに大きな検索窓が現れます。
早速この中に取得したいドメインを入力してみましょう。使用できる文字は半角の英字と数字、記号はハイフンのみです。英字は小文字に統一されます。ドメインの種類によっては日本語が使える場合もあります。
なお、「.com」などは次の画面で選ぶので、ここでは入力不要です。

ドットより後ろの種類を選ぶ

定番の「.com」以外にも「.net」「.biz」「.jp」「.co.jp」などたくさんの種類があります。優劣はないのでお好きなものを選んでください。

メールのアイコンが表示された場合は、すでに他の誰かに取得されているという意味です。選択するとドメインが空き次第メールで通知してくれます。ですが滅多に空くことはないので文字列を変えてもう一度検索した方がいいでしょう。

ちなみにページ下部にある「サーバー選択」は「利用しない」のままで構いません。ここで紹介されているサーバーはどれもやや割高なので、後で他のサーバー会社と契約された方がいいでしょう。

取得したいドメインが決まったら最後に「お申し込みへ進む」ボタンを押します。

お名前.comへの会員登録

お申し込み内容が表示されます。

登録年数はご自由に。ちなみに単年でも複数年でも1年ごとの料金は変わりません。また、Whois情報公開代行は必ずチェックを入れておいてください。万が一チェックし忘れるとドメインからあなたの本名や住所を特定できるようになってしまいます。

例えば以下のようなサービスを利用すれば誰でも簡単に調べることができます(ネットは匿名性が高いと思われがちですが、実は意外とそうではないのです)

参考リンク:
Whois検索 – ベリサイン

最後に画面右側の「初めてご利用の方」を選択し、任意のメールアドレスとパスワードを入力します。

必要事項を入力

項目が多く面倒かもしれませんがここを越えればあとは支払い方法を選択するだけです。さくっと入力していきましょう。

支払い方法を選択

クレジットカードなら自動更新が設定されます。更新忘れを防げるためとても便利です。支払い方法はあとからでも簡単に変更できます。
念のためお申し込み内容に「Whois情報公開代行」と表示されているかも確認しておいてください。

最後に「申込む」ボタンを押して無事にドメイン取得完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。もしどこかでつまずいてしまった方はお気軽にご質問ください。
それでは今回の記事のまとめです。

  • ドメインは早い者勝ち
  • ドメインに使用できる文字は半角の英字と数字、記号はハイフンのみ
  • 「.com」以外にも様々な種類がある
  • Whois情報公開代行を設定しないと個人情報が筒抜けになる
  • クレジットカード払いなら自動更新が設定される

取得したドメインの具体的な活用方法について知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

参考記事:
独自ドメインで事業用のメールアドレスを作成する方法
エックスサーバーに独自ドメインを追加設定する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。