開業届と青色申告承認申請書の記入例&郵送方法

申請書様式の入手先

国税庁の公式サイトまたは最寄りの税務署に置いてあります。

参考リンク:
個人事業の開業届出・廃業届出等手続|申告所得税関係|国税庁
所得税の青色申告承認申請手続|申告所得税関係|国税庁

申請書の提出期限

開業届

事業開始1ヶ月以内です(未提出でも罰則はありません)

青色申告承認申請書

<1月1〜15日に開業した場合>
3月15日までです。

<1月16日以降に開業した場合>
事業開始2ヶ月以内です。

申請書の記入例

専従者なし・自宅兼事務所・ウェブデザイナーという内容で記入例を示します。
_税務署長には所轄の税務署名、提出日には郵送日を記入します。控えが必要な場合は2部作成してください(控えにはマイナンバーを記載しないよう注意)
所轄の税務署が分からない時は以下のページをご覧ください。

参考リンク:
国税局・税務署を調べる|国税庁概要・採用|国税庁

開業届

納税地 住所地に○を付け、現住所を記入
氏名 本名を記入。印は個人認印で可
個人番号 マイナンバーを記入
職業 お好みで。
屋号 お好みで。ただし「会社」などの表記は使用不可
届出の区分 開業に○
所得の種類 事業に○
開業・廃業等日 過去1ヶ月以内の日付を記入
事業所等を新増設.. 記入不要
廃業の事由が法人.. 記入不要
開業・廃業に伴う.. 青色申告承認申請書..は有に○
消費税に関する課税事業者選択届出書は無に○
事業の概要 ホームページの制作
給与等の支払の状況 専従者:従業員数0人・税額の有無の無に○
その他は記入不要
源泉所得税の納期.. 無に○
関与税理士 いなければ記入不要

青色申告承認申請書

納税地 開業届と同じ内容を記入
氏名 開業届と同じ内容を記入
個人番号 開業届と同じ内容を記入
職業 開業届と同じ内容を記入
屋号 開業届と同じ内容を記入
平成_年分以降.. 通常は提出する年を記入
名称 屋号を記入
所在地 現住所を記入
所得の種類 事業所得に○
いままでに青色申告.. 当てはまるものに○
本年1月16日以後.. 開業届の「開業・廃業等日」を記入
相続による事業継承.. 当てはまるものに○
その他参考事項 簿記方式:複式簿記に○
備付帳簿名:現金出納帳・総勘定元帳・仕訳帳に○

申請書を郵送で提出する

同封する書類

マイナンバーと身分証は1枚の紙にまとめてコピーして構いません。

  • 開業届
  • 青色申告承認申請書
  • マイナンバー通知カードのコピー
  • 本人確認書類のコピー(免許証・パスポート・保険証のどれか)
<控えが必要な方は以下も同封>
  • 開業届の控え(マイナンバー記入不要)
  • 青色承認申請書の控え
  • 切手を貼った返信用封筒(できればテープ付きのもの)

封筒サイズは角形2号がおすすめ

角形2号ならA4紙が折らずにそのまま入ります。
宛名の下に「開業届等申請書在中」などと明記し、裏面に差出人住所・氏名・電話番号を記入します。

記入例:

〒230-8550
横浜市鶴見区鶴見中央4ー38ー32

鶴見税務署 御中

開業届等申請書在中

返信用は長形3号がおすすめ

長形3号ならA4紙が三つ折りで入ります。
切手を忘れずに貼り、返送希望住所・氏名を記入します。

記入例:

〒○○○-○○○○
横浜市鶴見区○○○1ー1ー1

鶴見 太郎

おわりに

控えが返送されてくるまでおよそ1週間ほどです。
屋号名のみの口座を作りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

参考記事:
ゆうちょ銀行で屋号のみの口座を開設してみよう

コメントを残す