ホームページ作成の事前準備チェック表

ホームページ集客を成功に導くカギは事前の下準備にあります。
大切なのは見た目よりも中身です。どう伝えるかではなく何を伝えるかを意識しましょう。

作る目的をはっきりさせる

あなたはなぜホームページを作りたいのでしょう?
信用のため、集客のためなどその理由はさまざまだと思います。まずはぜひ、自分自身を納得させられるような答えを探してください。

ターゲットを決める

あなたが求めている理想のお客様像とはどのようなものでしょう?
できる限り具体的に決めておくことで、不要なミスマッチを防ぐことができます。また、その他の広告媒体で宣伝を行うときやスタッフ同士の意思疎通などにも、大いに役立ってくれます。少なくとも次のことは決めておきましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 家族構成
  • 地域

デザインについて

自分の好きなデザインや雰囲気を選びたくなる気持ちはよく分かります。しかし、ホームページはあなたのために作るのではありません。「訪れた人にどんな印象を持ってもらいたいか」という視点に立って考えてください。

魅力や強みを知る

あなたのお店や会社だけが持っている強み・特徴は何でしょうか?
あなた自身がそのことに気付いていなければ、当然ながら他人に勧めることはできません。ぜひ一度、客観的な立場になって考えてみてください。可能であれば身近な方にも意見を求めてみましょう。

仕様を決める

あとから手戻りすることがないよう、時間をかけてじっくりと決めていきましょう。

必要なページ

トップページを含めて10ページ以内が目安です。
選ばれる理由・よくある質問・利用者の声・実績紹介・創業のきっかけや経営理念などのページを用意して、同業他社との違いを余すことなく伝えましょう。

運用について

作ったあとの運用方法についてもしっかりと検討しておきましょう。
ご自身で運用する場合は、CMSを利用して制作することをおすすめします。業者にまかせる場合は、月額費用の有無・依頼時の修正料金や対応の早さなどを入念に調べましょう。月額費用は5,000円以内を目安にしてください。ただし、これは修正や更新作業だけをまかせた場合の話です。SEOや集客などのコンサルティングも合わせてまかせたい場合は、少なくとも1万円以上はかかるでしょう。

ドメイン名

余計な数字やハイフンは使わず短く覚えやすいものにしましょう。
基本は「店名(社名).com」のパターンです。早い者勝ちなのですでに他で使われている場合もあります。そのときは以下の2つの方法を試してください。

comの部分を変えてみる

  • .net
  • .biz
  • .work
  • .jp
  • .co.jp

業種に関係する言葉を足す

  • office(士業など)
  • jimusho(士業など)
  • shihou(司法書士)
  • design(デザイン業)
  • paint(塗装業)
  • beauty(美容業)
  • seitai(整体院)
  • seikotsu(整骨院)
  • esthe(エステ)
  • hair(美容院)
  • cafe(カフェ) などなど

ドメインの入手方法ですが、以下のようなサービスを利用します。

参考リンク:
お名前.com
ムームードメイン

使う色

ロゴがある場合はそこに使われている色をメインにします。
好きな色だからという理由で決めてしまわないように注意してください。基本はメインの色・背景色・挿し色の3色です。多くても5色までに抑えましょう。ホームページで色を指定するときは、6桁のカラーコードを使います。ロゴ画像をお持ちの方は、以下のツールをご利用ください。

参考リンク:
イメージカラーピッカー|画像から色(カラーコード)を抽出

文章や画像を用意する

すでにチラシやカタログなどの印刷物がある場合は、それらを参考にしてもいいでしょう。そのまま使うのではなく、あくまで参考に留めるのがポイントです。

ロゴ

まだ持っていない場合は、これを機にぜひ作りましょう。いずれは必要になるものです。おもな作成方法は次の3つです。

  • ホームページ制作業者にまとめて依頼する
  • デザイン事務所に依頼する

概要情報

住所や電話番号などです。あらかじめエクセルやメモ帳などに打ち込んでおくと後々楽になります。

メインビジュアル

外観・内観、主力商品やサービス、スタッフ集合写真などパッと見て伝わるものを使いましょう。スマホで撮影したものでも構いませんが、横幅は2,000px以上にしてください。

各ページの内容

上手い文章を書く必要はありません。
一番大切なのはあなたの言葉で語ることです。とはいっても、一から文章を書くのはなかなか難しいものです。可能であれば、あなたの身近な方にインタビュアーになってもらい、その会話を録音し文字に起こすという方法がおすすめです。あえて口語体のままにしてもいいかもしれません。

文章は3〜4行ごとに段落を付けると読みやすくなります。選ばれる理由は3〜5個、よくある質問と利用者の声は5〜10個、実績紹介は3個以上を目安にしましょう。

各ページのタイトル・説明

Googleの検索結果に表示されるため、訪問率に大きく影響を与えます。
長すぎると途中で省略されてしまうので注意してください。タイトルは28文字以内、説明は50文字以内に納めると、パソコン・スマホでしっかりと表示されます。

タイトルは「ページ名|店名(社名)」で表されることが多いです。説明文は「(地域名)にある(業種)(店名・社名)の(ページ名)ページです。(業務内容)に関することは(店名・社名)へお任せください」といった形が一般的です。

写真・イラスト

スマホで撮影したもので十分です。
外観・内観・サービス・商品・代表者・スタッフなどの写真をそれぞれ3〜5カット用意しておくといいでしょう。無料のイラスト素材を使うときは、商用利用できるかを必ず確認してください。不安な方は以下のサービスをご利用ください。

参考リンク:
イラストダウンロードサイト【イラストAC】
写真素材ダウンロードサイト【写真AC】
無料の写真【Pixabay】

まとめ

最後にもう一度おさらいします。

  1. 作る目的をはっきりとさせる
  2. ターゲットを決める
  3. 魅力や強みを知る
  4. 仕様を決める
  5. 文章や画像を用意する

ここまでお読みいただいたお礼に、事前準備シート(Excel形式)をプレゼントいたします。ぜひお役立てください。

事前準備シートをダウンロード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。