ドメインとサーバーについての解説

ホームページを公開するときにはサーバーとドメインが必要になります。
今回はサーバーやドメインが一体どんなもので、またどのように用意すればいいのかを解説します。

ドメインについて

ドメインとは、ホームページの居場所を表すものです。
ちなみに今ご覧になっているこのページのドメインはgurunpa.comです。世界で一つだけのものなので、どの国から検索しても必ずこのページが表示されます。

「gurunpa」の部分は英数字とハイフンを組み合わせて自由に作ることができます。「.com」の部分はあらかじめ決められたものから選びます。他によく使われるのは「.net」「.biz」「.jp」「.co.jp」などです。

ドメインの準備方法

ドメイン管理業者と契約します。購入するというよりもリース契約の形に近いです。利用料金は1年で1,500円ほどです。

主なドメイン管理業者:

参考記事:
独自ドメインの取得方法(お名前.com編)

用意できたあとは?

使用するサーバーの情報を登録します。レンタルサーバー業者が指定する値(この値をネームサーバーと言います)を登録することで、ドメインとサーバーが紐付けられます。こちらも同様にインターネット上の会員専用ページで行います。
上で挙げたロリポップとエックスサーバーの場合では次のようになります。

ロリポップの場合
ネームサーバー1 uns01.lolipop.jp
ネームサーバー2 uns01.lolipop.jp
エックスサーバーの場合
ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

参考リンク:
ドメイン設定マニュアル【お名前.com編】
ドメイン設定マニュアル【ムームードメイン編】

サーバーについて

サーバーとは、ホームページのデータを保管しておくための場所です。
インターネット上にある仮想のものではなく実際に存在します。身近にあるもので例えるとデスクトップ型パソコンの本体がそれに当たります。

大きく分けると、1台を丸ごと使える専用サーバーと一部を間借りする共用サーバーの2種類があります。専用サーバーは一軒家、共用サーバーは集合マンションといったイメージです。

サーバーの準備方法

レンタルサーバー専門業者から借りるのが一般的です。とはいってもサーバーそのものを借りるわけではなく、業者が管理しているサーバーをインターネット経由で利用する仕組みです。

レンタル料金はピンキリで、安いものだと月々100円から借りることができます。料金=性能なのでビジネス用途ならあまりに安いプランは避けた方が無難です。サーバーの性能はページの表示速度に大きく影響します。

主なレンタルサーバー専門業者:

用意できたあとは?

サーバー内に使用したいドメインを登録します。パソコンの操作で例えると「サーバー」という名前のフォルダの中に「使用したいドメイン」フォルダを作成するイメージです。設定はサーバー会社の用意している管理画面内で行います。あらかじめドメインを用意しておく必要があります。

参考記事:
エックスサーバーへのドメイン追加方法

おわりに

普段からパソコンをお使いの方なら、ご自身でサーバーとドメインを用意すること自体はそれほど難しくないはずです。申込フォームに必要事項を入力するだけで済むからです。そのあとの設定はやや難しくなりますが、参考記事を読んでいたたければきっと自力でできると思います。

もし業者にホームページ制作を頼む場合はまとめてやってくれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。